販売される業務用エアコンに見られる特徴

業務用エアコンの販売の仕方には、いろいろあります。エアコンメーカー系列のショップでの購入や業務用エアコンをメーカー問わず、取り扱っている取り付け専門業者かの購入、または一般的な通販サイトでも業務用エアコンの購入が可能です。ただ、一般的は通販さいとでの購入の場合、取り付けは別の場合も多いため、注意が必要です。一般住宅用のエアコンとは取り付け方が違う為、取り付け業者選びが必要となります。安く購入できたとしても、取り付け時に別で業者を選定する必要があったりと、あとあと手間が掛かることもあります。取り付けまでやってもらおうと考えている場合には取り付け工事を実施している通販ショップを選ぶ必要があります。業務用エアコン専門業者であれば、全国対応のところもあり、販売から取り付けまで実施してくれます。

業務用エアコンの選び方と種類の紹介

業務用エアコンの販売サイトを見た時に種類が多く、何を選べば良いか、迷ってしますと思います。業務用エアコンを選ぶ際には、まずは形を選んでいきます。次に馬力を選びます。形に関しては、天井カセット4方向、天井カセット形2方向、天井吊り形、壁掛形、床置形、天井カセット形1方向、ビルトイン形、天井埋め込みダクト型等があります。天井カセット形は室内機を天井に埋め込むタイプの為、見た目がすっきりとし、目立ちません。一般事務所から店舗まで幅広く活用できます。天井吊り形は吊り下げるタイプなので、工事費の削減につながるメリットがあります。飲食店やアパレル店などでも活躍できそうです。ビルトイン形は本体を天井に設置し、吹き出し口を本体からダクトを使い、話すことができます。吹き出し口を設置したい場所に本体を設置出来ない場合などに有効です。

業務用エアコンの選び方と種類の紹介

業務用エアコンの販売サイトでエアコンを選んでいく際に馬力からも選ぶ必要があります。一番小さい馬力は1.5馬力ですが、冷房時の広さの目安は17~38㎡で10~20畳ほどです。3馬力で30畳から40畳ほどの目安となります。これは一般事務所の場合です。飲食店など、熱源がある店舗や中にいる人が動き回るのか、座ったままなのかでも広さの目安は変わってきます。適切な能力のエアコンを選んでないと、エアコンの設定温度まで冷やせなかったり、温められなかったりと快適な温度にできませんし、電気代もかかってしまいます。能力を大きすぎるものを選んでしまうと、冷やしすぎることや、強い風量が体に当たるなど、不快を感じる事にもなりますので、設置する場所の使用用途な設置機器等を考え、最適なエアコン能力を選ぶ事が大切です。