大阪におけるアパート経営のコツ

少子高齢化と人口減少、給料の伸び悩みや預金金利の低水準、将来の年金不安などから不動産物件への投資が話題になりセミナーも開催されて来ました。これにはワンルーム物件と呼ばれる1室購入の場合とマンションやアパートの1棟買いという方法があり、後者は購入資金が多くかかりますが、リスクとされる空室も他の室からの家賃収入もあり家賃収入が途絶えるわけでもないのでミドルリスク、ミドルリターンとされています。これらは長期で行う必要があり常に入居者のニーズに合う住宅を供給することが大切でありそのような努力を行う必要があります。個人投資家が大阪でアパート経営を行うには価格も割安であり初めての人にとっても購入し易いようになっています。築年数の新しい物件も魅力ですが築15年前後の物件は1年間に必要な管理コストも割安になっています。

アパート物件が注目される理由とは

ワンルーム物件は現状からいうと立地条件が東京都心部という立地条件に限られますがアパート物件ならある程度条件が緩和されます。入居者募集もオフィス物件よりも簡単であり木造なら取り壊しも楽で地価が上昇した折には更地として売却も出来ます。大阪でアパート経営を行う際には物件の対象として単身者向けか家族向けかということを考えることが大切です。単身者向けの場合には周辺に大学のキャンパスや専門学校などがあれば好条件ですしショッピングや飲食店、映画館やビデオレンタル店などの施設が充実していると好ましいものです。学生寮や社員寮、あるいは病院や旅館、ホテルなどの不規則な仕事場があるとかも需要につながるものです。家族向けの場合には小・中学校などの教育施設が充実しているとか公園や緑地が多く閑静な住宅地、あるいは都心へのアクセスが容易で日常の買い物に便利であるといった環境が望ましいとされています。

経営を行う上での注意点としては

大阪でアパート経営を行う場合の注意点としては家賃の設定があります。毎月安定収入として入って来る大切なものですがこれは古くなるにつれて下がって来るのが実情のようです。従って将来に向けての値上げはできないと考えておいた方が良いもので周囲の物件の家賃の水準にも常に注意しておく必要があります。そして自分自身で考えるのではなく入居者の立場になって考えることも大切です。管理会社を選択する場合のポイントとしては地域の情報に詳しいことが優先されます。集客や募集に対する力や信用がおけるかとか担当社員は責任を持って身近で接しているか、財務の面での信用や営業所内部の雰囲気は良いかも見られます。つきあいのあるオーナーは満足しているか、景気や経済動向を常に敏感に受け止めることができるかなどがポイントになります。アパート物件の利回りはあくまでも空室率や修繕費も差し引いて計算する必要があります。