業務用エアコンはどこで販売されているのか

家庭用のエアコンと違って使用される業務用エアコンなので、業種や広さ、構造などの環境に合わせて販売されている馬力やエアコンのタイプをしっかり選定する必要があります。業務用エアコンは家庭用のエアコンに比べて、大型で長時間の連続運転に耐えられる設計になっています。昨日的にはシンプルなものが主ですが、業務用エアコンを使う場所が店舗や事務所などなので一般家庭で使用する時よりも稼働時間がずっと長時間になります。そのため機器に掛かる負担は大きく、負担に耐えられるものでなければなりません。また、広い空間を冷暖房するため、馬力能力が大きいのも特徴です。エアコンには様々な用途によって形状が分かれています。店舗やオフィスなどで使用する時には、利用可能な形状で部屋の間取りや建物自体の構造に合わせて機種を検討することが可能です。

販売されている業務用と家庭用のエアコンの違い

販売されている業務用エアコンは職場や施設で様々に幅広く利用されていますが、そのタイプや性能・特徴はたくさんあります。使用する場所に適したエアコンを選ぶ事が重要です。エアコンの更新時期があります。老朽化や故障など規制や法令などにおいても空調更新を検討する要因です。エアコン機器の更新の目安は、10年~15年です。更新をしないと故障のリスクが高くなり、故障をした際の部品の入手が難しくなったりします。エアコンを導入する際にリース契約が最も多いです。リース契約とは業務用エアコンをリース会社が購入し、その物件をその企業に対して長期間に及んで賃貸する取引のことです。一般的なリース契約はお客様と販売店、リース会社の間でそれぞれ契約やアフターフォローなどが発生します。リース契約することで、銀行からの借入枠が温存できたり、月々の経費として処理できたり、初期費用を掛けずに導入できる特徴があります。

販売されている業務用エアコンの選び方

業務用エアコンを購入する際は、販売されている会社のインターネットのホームページを参照して比較することが必要です。業務用エアコンの価格相場は、機種や工事内容、設置台数などによって大きく価格が変動します。前提として職場に導入する業務用エアコンは、エアコンの本体価格と設置価格が必要となります。様々な機種があります。主に導入されている4種類は、天井埋め込みカセット型、天井吊型、床置型、壁掛型です。機種ごとの特徴により本体価格の相場が変動します。設置価格は機種や設置台数だけではなく、工事が新規か入れ替えかによって大きな差が生じてきます。新規工事の場合、ダクト配管の工事が必要となるので費用が上がってしまいます。設置価格は本体価格以上に相場がわかりにくいので、工事の分も含めて見積を依頼するべきです。